トップ 派遣会社ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
今月のトピックス>>転職エージェントを活用して転職を成功させたい方へ-DODA転職支援サービス

派遣会社ナビ派遣会社を選ぶためのコツ > 派遣会社と、自分の位置づけ
ネットでお仕事検索!【ジョブリンク】
ジョブリンクジョブリンク

派遣会社と、自分の位置づけ

派遣会社と、自分の位置づけの画像

派遣会社と派遣労働者の数は、厚生労働省の発表によると、年々増加傾向にあるという。
派遣会社の中には、急成長するところが数多くある。
今後の人口形態を考慮すれば、企業としては正社員の採用を徐々に減らし、派遣社員の採用にますます拍車がかかりそうだ。
なぜなら、これまで雇用とは昔は終身雇用が一般的であったが、最近になって必要雇用の時代となったからだ。
企業としての処置は当然であり、今後もしばらく続くであろう。

企業が利益追求していくと、必要な人材を必要な時に必要な量を補充するというのが合理的だ。
需要に対して供給するのが派遣会社で、派遣会社の需要とはその人材確保となる。
供給する人材派遣労働者は、理解した上で派遣会社に登録する。
正社員やアルバイトは、企業が雇用主だが、派遣の場合の雇用主は契約を結んだ派遣会社となり、給料も派遣会社からもらい、業務の指示と管理は派遣先企業となる。

勤務先と雇用契約先が異なるのが、派遣会社での働き方の特徴である。
日々の業務についての指示や相談は派遣先の企業とのやりとりだが、待遇や勤務時間については派遣会社との交渉となる。
周知の事実ではあるが、給料は時給制なので、人材派遣の雇用形態は、労働を仕入としての費用扱いなみというのががポイントである。
派遣先が倒産したらどうなるだろう。多くの人の労働賃金の中で、派遣会社に支払う派遣の費用はランクとしては下になるが常である。
そう考えると名が通っている派遣先より、資金的な面で優良企業かを見極めることも、派遣先を選ぶ重要な要素になる。

このような、すべてに完璧などありえないという事も覚悟であれば、仕事選択の自由さは最大のメリットであろう。
まず、自分の中で優先順位をつけていく。あいまいな方向付けでは、いざという時に後悔する。
全ての点で満たされる職場なんて、一生紹介されないかもしれない。自分の中で優先順位を決めていれば、折り合いをつけて派遣会社の例えばマネージャーに伝えておこう。
派遣会社で働く事にはデメリットもあるので、まず自分のスタンスをはっきりさせ、何が起きたとしても前向きに行動することを心がけよう。

イーキャリア
派遣会社ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。